一生身につけるものだからこだわりたい!結婚指輪の選び方の豆知識などをご紹介

当サイトでは一生身につけるものだからこだわりたい、結婚指輪の選び方の豆知識などをご紹介しています。
長く愛用できるリングを見つけるために役に立つかもしれません。
またマリッジリングは手作りと既製品のどちらがおすすめなのかという疑問にもお答えしています。
それぞれ魅力がありますので、自分たちに合った方を選ぶと良いでしょう。
さらに指輪を選ぶ時に重視すべきポイントも解説しています。
ポイントを押さえたら、きっと満足度の高い指輪を選べます。

一生身につけるものだからこだわりたい!結婚指輪の選び方の豆知識などをご紹介

豆知識をチェックして、2人の人生に寄り添う結婚指輪を選びたい、という人もいるのではないでしょうか。
結婚指輪を選ぶときには価格は勿論大事です。
予算や好みに合わせて、無理なく手に入れられるものを選ぶと良いでしょう。
しかしその他にデザインや素材、それに刻印や内石サービスの有無もポイントになります。
これらは長く愛用する指輪になるかを左右するはずです。
さらにはお店やブランドの、アフターサービスなどもチェックして決めるのがおすすめです。

結婚指輪はいつ購入するのが正解?

結婚指輪はいつ購入すべきか悩んでいる人も多いものですが、基本的にはいつ購入しても特に問題はありません。
自分たちの都合や様々なスケジュールに合わせるのが良い方法であり、自分たちの判断で行って良いものとなっています。
結婚式を挙げる場合には結婚指輪の交換はプログラムの中で重要なイベントとなるため、これに合わせて110入手できるようにすることが必要です。
一般的にはおおむね1ヵ月前までには入手できるようなスケジュールとすることが多く、出来上がった指輪に万が一トラブルがあっても、時間に余裕があれば直すこともできるため良い方法となっています。
色を上げないと言う場合には、自分たちのタイミングで購入時期を決めるのが良い方法です。
一般的に結婚指輪では記念日の日付とお互いの愛情を示す刻印を施すものとなっており、その日付も自由に決めることができます。
結婚式を挙げないと言う場合には自分たちでその記念日を決定すればよく、これに合わせて購入するのが最適な購入時期となっています。

キズがつきにくいものがおすすめ!結婚指輪におすすめの素材は?

結婚指輪の素材としておすすめなのはプラチナと金、そして銀です。
プラチナは結婚指輪の素材として最も有名でおすすめです。
その理由は、変色や変質のしにくさと、加工がしやすいという点が挙げられます。
結婚後に指輪を毎日することを考えると、酸やアルカリに強く、変色を防ぎ、汚れに強いプラチナは有効です。
また、細工が容易な質を持っていますので、ダイヤモンドをはめるなどおしゃれな指輪にすることもできます。
次におすすめなのが金ですが、純金ではなく18金のほうが無難です。
金はとても強い金属で、金属アレルギーを起こしにくいため誰でも毎日付けられますが、純金だとあまりにも柔らかく変形する可能性があるため、日常生活でつけるのには適しません。
銀のカラーはプラチナによく似ていますが、プラチナよりも価格が安く輝きが強いです。
ただし酸化しやすく黒ずみができやすいので、日ごろのお手入れが必要です。
細工がある場合は、クリーニングに出す必要があるケースもあります。

結婚指輪のサイズはどうやって調べる?

結婚指輪は二人が夫婦になることの証であり、将来にわたって身につけるものです。
毎日使用することからデザインだけでなく自分の指にしっかりとフィットするものを選ぶことが大切であり、そのためには結婚指輪のサイズをしっかりと把握しておかなくてはなりません。
指輪は号という表記がされていますが、1号は内径が13mmで1号上がるたびに少しずつ大きくなっていきます。
糸や結束バンド、紙テープなどを使用して測るのが最も簡単なのですが、この場合、測り方に注意しなくてはなりません。
女性の場合、季節や体調、ホルモンバランスによって指の太さは変わっており、毎日一定ではありません。
そのため朝だけ測るのではなく夕方にも測ることが大切であり、複数回調べてみて平均値を出す必要があります。
ベストな時間帯は10時から16時の間であり、季節は夏では膨張し、冬は引き締まるため春か秋が良いでしょう。
季節を考慮しないで測った場合、1号から2号程度差が出てしまうので注意が必要です。

結婚指輪は指輪の幅で印象が変わる?

結婚指輪は石やリングの形やデザインで印象が決まるイメージですが、実際には指輪の幅でも印象が違ってくるのではないでしょうか。
標準的なサイズは一見して地味に見えますが、奇をてらわない選択肢として選びやすいです。
一方で細めは指をシャープに見せるので、指の太さにコンプレックスを感じている人に向いている傾向です。
ただし、細すぎるとシックさが増しますから、カジュアルさを感じさせたいなら細身は避けた方が良いです。
幅広は3mm以上、4mmを超えるとこのタイプに分類されます。
幅広の結婚指輪はカジュアルさを感じさせるので、親しみやすい人というイメージに繋がります。
また平均の2~3mmを超えると個性が増しますから、個性的な雰囲気を醸し出したい人にも幅広が向いています。
しかし結婚指輪hリングのデザイン、石の種類なども合わせて決まるので、幅はあくまでも一要素と捉えて、バランスの良いものを選ぶことが大切ではないでしょうか。

結婚指輪に関する情報サイト
上手な結婚指輪の選び方

当サイトでは一生身につけるものだからこだわりたい、結婚指輪の選び方の豆知識などをご紹介しています。長く愛用できるリングを見つけるために役に立つかもしれません。またマリッジリングは手作りと既製品のどちらがおすすめなのかという疑問にもお答えしています。それぞれ魅力がありますので、自分たちに合った方を選ぶと良いでしょう。さらに指輪を選ぶ時に重視すべきポイントも解説しています。ポイントを押さえたら、きっと満足度の高い指輪を選べます。

Search